実家に帰ると太る。
手に届く場所にある、お菓子ゾーン。
テーブルいっぱいに料理が並ぶ。

帰るころには、自分の身体が大きくなっていることは、
体重計に乗らなくても理解できる。

「はぁ、また太った。」

痩せないとー、という言葉をどれだけ発しただろうか。
多くの人が経験してきているだろう。

実家に帰ると太るのは仕方ない、と諦めている人も多い。
だけど、もし太らずに済むのであれば、その方法が良くないか?

極論をいうと、実家に帰ろうが、
普段通りの生活をすれば太らずに済む。

しかし、それは机上の空論。
実家に帰るのは、楽しい時間を過ごすため。
美味しい食事は楽しい時間を過ごすのに大切なもの。
なので、普段通りの生活をしよう!なんてキレイごとはいわない。

では、太らないための3つの方法をお話ししよう。

スポンサードリンク

太らないための3つの方法

太らないための3つの方法はご覧の通り。

  • 実家の生活を楽しむ
  • すぐに普段の生活に戻す
  • 事前に対策を練る

では順番にみていこう。

実家の生活を楽しむ

実家に帰っても、普段通りの生活をする。
という無茶な注文はしない。
ここでは割切って、実家の生活を楽しもう。

美味しいお菓子、ご飯を食べるのも良い。
普段は飲まないお酒を楽しむのも良いだろう。

結果として、体重は増える。
でも、その体重はすぐ脂肪に変わるわけではない。
食べた重さがそのまま体重計に反映されるだけである。

なので、実家に2、3日帰って楽しむぐらい気にすることはない。
もちろん1週間、1ヶ月と期間が増えるなら対策は必要かもしれない。
でも、お盆休みや正月ぐらいなら、下手な我慢はしないほうがよい。

我慢をすれば、より太るのは化学的に証明されている。
モラルライセンシングという言葉がある。

これは、良い事をすれば悪い事したくなる原理だ。
例えば、少しいつもより朝早く起きてランニングしたとしよう。
そうすると、少しぐらいいいだろうとお菓子も手に取ってしまう。

もし、実家ではいつも我慢せずご飯を食べていたのに、
中途半端に我慢するとこの現象が起こる。
ようは中途半端に我慢するならしないほうが良いということだ。

頑張って我慢しても、得るものはそれほど多くない。

すぐに普段の生活に戻す

習慣とは怖いものである。
実家に2、3日帰っただけで、その余韻を引きずってしまう。
普段だと食べないお菓子も、ついつい手にとってしまう。
(多くの場合、実家から手土産を持って帰ってしまう)

そうなると、戻せるはずの体重も元には戻らない。
少しづつ少しづつの積み重ねが、脂肪を蓄積してしまう。

ここでは、少し腰が重いかもしれないが、普段の生活に戻そう。
普段の生活通りに過ごせば、実家で重くなった体重も2日あれば元に戻る。

事前に対策を練る

実家に帰ると太る。
これは何年もの経験でわかってること。
そして、実家に帰るタイミングもわかっている。

であれば、事前に対策を練ろう。
実家に戻る前に、意識的に運動をする。
お菓子を食べる量を減らす、といったことだ。

正直これが一番難しいし、一番実行しにくい。
なので、これは余裕があれば実行しよう。

実家に帰る一週間前ぐらいでも良い。
少しづつ意識して、行動を変えていこう。
これができれば、実家に戻っても思いっきり楽しめる。
この方法に慣れれば、実家に帰るのも怖くない。

まとめ

実家に戻っても太らないための方法はこの3つ。

  • 実家の生活を楽しむ
  • すぐに普段の生活に戻す
  • 事前に対策を練る

知っておいて欲しいのは、ちょっと食べる量を増やしたところで、
すぐに脂肪に変わるわけではない、ということ。

たとえ、体重が増えてようが気にする必要はない。
一番大事なのは、すぐに普段の生活に戻すことだ。

実家に帰ってまで、楽しみを我慢するぐらいなら、
実家に帰らないほうが賢い選択である。

実家を思いっきり楽しもう、そして、その前後で頑張ろう。
これが、現実的な対策だと思う。

スポンサードリンク