どれだけ良い育毛剤を買っても、ハゲが治ることはない。
育毛剤をつけ忘れる、というのは誰もが経験したことがあるだろう。

つけ忘れるが、進化すると最近つけてないなぁ、という事態になる。
そのときは手遅れ。あなたの髪は間違いなく減っている状態。

このように継続する、というのは誰にとっても大きなハードルだ。
どれだけ小さなことでも継続すれば、なんらかの結果はでるし、
継続できなければ、なにも変わることはない。

  • ダイエット
  • ブログ
  • 勉強

やり方は誰もわかっている、
ハゲない方法も、ネットを検索すれば大量にでてくる。
ただし、継続する方法は、情報があっても実行するのが難しい。
ここでは、育毛剤をつけ忘れる、というテーマに絞って解説していこう。

目的意識を強くもとう

あなたのハゲはどれぐらいの進捗だろうか。
もし、自分はハゲと自覚してなく、ただ予防としてる、
というのなら育毛剤をつけ忘れる気持ちもすごく理解できる。

ただし、その状態で気を抜いてはいけない。
ハゲの先輩たちにも、予防という状態を経験し、予防では済まなくなっている。

もし、予防という状態であれば、尚更、育毛剤をつけ忘れるなんて凡ミスは避けよう。
育毛剤の多くは、一度使ったら大丈夫、なんて魔法の薬ではない。
マニュアル通り実行してようやく、予防できてる気がする、というものだ。

ハゲたら、あなたの生活はどうなるか?
一度悲観的に考えることで、より目的意識は強くもてる。
強い目的意識があれば、そうそう育毛剤のつけ忘れなんて事態には直面しない。

つける時間、タイミングを固定しよう

イチローのルーティンを知っているだろうか。
イチローの毎日の行動は、驚くぐらい固定されているらしい。
毎日朝にカレーを食べる、というイチローは習慣化の達人である。

イチローの習慣にも、野球が上手くなる、成果をだすといった目的意識があるからだ。
あなたもハゲない、という目的のために毎日の育毛剤はルーティンにしないといけない。

決まった時間、決まったタイミングで育毛剤を塗ろう。
基本、朝晩につけるタイプが多いので、寝る前、朝起きた後。
これは歯磨きのタイミングと同じで良いだろう。
歯磨きとセットで育毛剤。これをしっかりと身体に叩き込もう。

まとめ

育毛剤をつけ忘れる、というのは単純イージーミスではない。
目的意識が弱い証拠でしかない。

あなたが育毛剤をつける理由はなんだろうか?
一度、振り返って考えてみて欲しい。
育毛剤は悪くない、あなたの目的意識に問題があるのだ。

>>>グローパワーの効果は?買って半年がたったけど