ダイエットしてるけど痩せれない。
あれだけお菓子も我慢して、朝起きてウォーキングしてるのに・・

そう。ダイエットしてる人は頑張ってやっています。
以前は飲み食いしてたのを抑えて、苦手な運動もしてるでしょう。

しかし、痩せれてないのも事実です。
残念ながら、この事実を受け入れないといけません。
痩せる人と痩せれない人、この違いは事実を受け入れてるかの差です。

スポンサードリンク

痩せれてないのには原因がある

単刀直入にいうと、痩せるための行動が足りてない、というのが原因です。
頑張っていようが、痩せるための条件を満たしてないと痩せれません。
逆にいうと、頑張ってなくても痩せる条件を満たしてるのが、スリムな人です。

「えー、結構お菓子食べてるんだけどなぁ。」

そんな戯言をいう、モデル体型の女性。
腹立ちますが、この女性が言ってるのは事実なんですね。

お菓子を食べすぎている、というのはカロリーの量で発言してる訳ではありません。
自分のモノサシの基準から発言しているのです。

例えば、3時のおやつが習慣の人にとっては、
1度おやつを抜けば、最近の私頑張っている!と思います。
しかし、そんな習慣がない人にとっては、1度お菓子を食べると罪悪感を感じるのです。

人は習慣の奴隷、習慣でないことが記憶に残る

人は失敗したことを良く覚えています。
学生時代の黒歴史ほど良く覚えていますよね。
周りの人は全然覚えていないのに。

これと同じで普段しない行動を、脳は失敗ととらえます。
なので、お菓子を一度抜いたぐらいで頑張ってると思ってはいけないのです。
お菓子を毎日食べないのが普通、そんな状態を目指しましょう。

これは、ランニングや筋トレの習慣と同じです。
毎日やるのが普通、そんな意識になれば痩せるのは時間の問題です。

痩せている人の基準は高い

  • お菓子を食べないのが普通。
  • ランニングをするのが普通。
  • 筋トレをするのが普通。

痩せている人は、これが普通のことなのです。
そう聞くと、かなり高いハードルを感じます。
しかし、それぐらいやらないと、実際に脂肪は落ちていきません。

脂肪は言い換えると、借金です。
借金には利息がつきますよね。
普通の人以上に稼いで、返していかないと永遠に借金は返せません。

脂肪も借金と考えると、ほっておくと利息のように脂肪は増えます。
年齢とともに、基礎代謝は落ちていきます。
こんな負のサイクルになると、痩せるのが大変なのはわかりますよね。

普通の人以上に頑張っているのが普通。
そんな状態を習慣になるよう変えていきましょう。

まとめ

普通の基準をあげる。
これがダイエットの唯一無二の方法です。

一時的に頑張っても、基準が変わってないとリバウンドをします。
短期的に痩せるのも大事ですが、長期的でも習慣を変えることを最優先にしましょう。

  • お菓子を食べないのが普通。
  • ランニングをするのが普通。
  • 筋トレをするのが普通。

そう、これがあなたにとっての普通です。
これが普通になれば、自然とお腹周りの脂肪はなくなりますよ。

スポンサードリンク